ゲームとゲームの沼に溺れる

中身のない日記を書いています。ゲーム大好き。

トライナリーOP&EDフルverの話。

 拡張少女系トライナリーのOPとEDのフルバージョンが今日からiTunesでリリースされたのでダウンロードしました!

 

 OPの「テクトラ! - Yumemille feuille guruRemiX. -」はテクノでポップな曲調に女の子らしくそしてあざとい歌詞が散りばめられた年頃の女の子らしい曲になっています。しかし、一部ノイズが入っていたり不自然にテクノ要素が強い部分があったりと隠された要素がちらほら見られるのはタイトルにリミックスと含まれていることもあって、今後の展開を匂わせる一曲になっています。

 EDの「The Truly Lovely Show !!」はジャジーで弾むようなリズムで心地よく聞けるEDらしい曲になっています。歌詞は一途なラブソングにも見えるし友情の歌のようにも見える感じです。これはアニメのチームにフォーカスを当てた部分とプレイヤーとキャラとの関係性もフォーカス当てているといった感じでしょうか。

 

 この2曲は作品を知らなくても聞ける魅力的な曲になっていますので試聴からぜひ。また、トライナリーのアニメやゲームから入ってもらえると更に感情移入して聞けると思うのでこちらもぜひ。

FGOと課金とガチャの話。

 どーも、アナムネシスに13kぶん投げて赤リーンベルが手に入らなかった人です。

 

 最近、twitterで「FGOに5万円以上の課金をしてガチャを引いて目当てのキャラが出なかったので消費者庁に訴えます。」というツイートをしたところ「その程度でそこまで大げさな対応を取るな」という反論が相次いで結局取りやめたという出来事がありました。

 個人的な見解として断言しますが、たかがゲームに5万円投げても求めてるものが手に入らないというのは異常だと思います。それをおかしいと思って政府に何らかの対応を求めようとするのは至極当然の行動だとは思います。そもそも5万円の課金自体が自制のない行為だというのは事実ではありますが、こういった行為にブレーキを掛けなければいけないのはサービスしている側の義務でもあるはずです。

 

 ただ、ここで問題視しなければいけないのは「5万円以上の課金が当然という考えを押し付ける方々」です。元々FGOというのは熱心ファンが居てキャラと装備品がごった煮になってしかも確率がやたら低いガチャを特に問題視もせず喜々として引く人が特に多いという特異的なコンテンツだと私は思っています。しかもこのゲームをプレイしている有名人の方は声を揃えて「出るまで引け!引けば出る!!」や「課金は家賃まで」というのを何度も公共の電波で発言しているところを見ると高額課金者もかなり多いはずです。

 しかし現実としてみんながみんな、払える額というのは同じではないのです。しかも5万円あればゲーム機とソフトも買えるしそれで何十時間も遊べる額です。それを手に入るかどうかもわからないちっぽけなデジタルコンテンツのために浪費するというのは一般的には正気ではないです。それをあたかも当然かのように考えを押し付けるのはおかしくないわけが無いですよね。

 

 ちょっと話が変わりますが、グラブルのアンチラ騒動以降ガチャ関連のトラブルというのは頻繁に起きています。そもそもガチャという集金の仕方にも限界が来ているのは間違いないと思います。そんな中少しでもガチャに対する反感を減らすためにゲームによっては様々な施策が取られています。例えばグラブルデレステだと期間限定で好きなキャラを買えるキャンペーンがあったり、SOAだと排出率と無料で引ける回数を上げてキャラを手に入れやすくするなどそういったことを行っています。

 対してFGOでは極稀に数体のキャラの中の1体を1度だけ確実に引けたりイベントと連動して活躍するキャラの排出率を上げたりという施策を行っています。しかし、求めたものが確実に手に入るようにはならないので設けてる割にはかなり不親切だと思っています。むしろFGOはガチャを引くようにかなり悪質な誘導を繰り返していると私は思っています。

 

 その悪質さを語る上で欠かせないのは「期間限定キャラ」の多さです。FGOはイベントと連動して新キャラが登場したりするのですが、それらは全て期間限定でしか手に入らないようになっています。

 しかも元々の確率が低いため数十回回しただけでは手に入れることが困難です。だから、意地でも手に入れようとすると数万円と課金をする必要が出てくるわけです。また、いくら払ったらキャラが手に入るという天井額が用意されていないので運で当てるか自制をしない限り本当に終わりがありません。

 更に大きな問題なのが、今年に入ってからこの期間限定のキャラを短い間隔で出し続けているということです。そうなると全部欲しいという人はその都度同じように課金を繰り返す必要があるので出費が尋常じゃないことになります。このような施策ははっきりいって普通じゃないと思います。類似例としてグラブルでは期間限定のキャラという施策が強い反感を受けた結果、季節に関連したものや定期的に行うガチャイベント限定のキャラ以外は全て恒常排出という対応を行っています。

 

 要するにFGOの場合、過度な課金を抑えるどころか煽っているんです。大量に課金する理由として「今引かないとずっと引けない」という不安感から由来する事があると思いますしそれをいいように運営が利用し続けているというのが現状です。それが今回のトラブルにもつながっていると言えるでしょう。逆に止める側の心理としてこういった現状を理解しているからこそ「何か大きな問題になったときにこのゲームが無くなったら困る」と思って止めていたんだと思います。

 

 

 FGOを応援するだけの魅力というのはあると思っています。ストーリーやキャラクターの見せ方という部分では他のゲームより一歩先を行く完成度だと思います。私はゲームの課金はお布施だと思ってますので、高いお金を払うだけの魅力があるならば払うべきだと思っています。しかし、それを運営であれファンであれ押し付けられる筋合いは全く無いはずです。運営には一度ガチャの仕様や確率というのを見直してもらってもう少しユーザーの目線に立って考えていただきたいですし、ファンの方はおかしいことはしっかりと目をそらさずにおかしいと言うべきで、悪いことまで擁護するのは己の身を滅ぼすことを理解するべきです。環境が整えば整うほど新規の方は入りやすくなりいずれはゲームのためになると思います。

 スマホゲーは今後どんどん日向に向かい、有耶無耶になっていた問題点はいずれ許されなくなっていくと思っています。そのときどのように生き残っていくか、そして遊んでいる我々はどうするべきなのか。長くサービスが続いていくために少しだけでも考えてみると良いのではないでしょうか?

マリオカート8DXを買った話。

 買おうかどうか悩んでいたマリカ8DXが少しお金に余裕があるので買ってしまいました。8は遊んだことがなくて今回のマリカはWii以来となります。

 

 買おうと思ったきっかけは色々あるのですが、1つは8に存在していたバグを利用したテクニックがほとんど廃止になったこと。あったらあったで面白いと思うのですがマリカはパーティゲームの側面もあって、できるだけ複雑なことをするのが当然みたいなのは良くないなと思っていたのでこれは純粋に嬉しかったです。

 もう一つはバトルモードが充実したことです。元々8のバトルモードはレース用のコースを使いまわすというかなりいい加減な作りになっていたのが今回はバトル用コースに全て一新されたことやルールの追加もあってかなり注目していました。特にルールはGC版からあつめてシャインやドッカンボムへいといった人気だったモードが復活されています。私が一番好きなマリカがGC版なのでこれはものすごく嬉しかったです。ただ、欲を言えばGC版から採用されているステージが隠しステージだったルイージマンションなのですが個人的にはどかんひろばのほうが思い入れが強いのでそちらが良かったかなという感じです。

 

 何はともあれ、久々のマリカでコーナリングやスピードを考えながら操作するという部分でかなり勘が鈍っているのでそれを取り戻しながらいずれはオンラインで遊んでみたいと思っています。終わりのないゲームですし長く遊びたいですね。少なくともARMSまでは…。

おげんさんといっしょの話。

 5/4にNHKでやっていた「おげんさんといっしょ」を見ました。生放送で台本が無いような雰囲気で進行していく音楽番組というわけでまるで深夜ラジオを聞いているかのような感じで楽しめました。

 

 番組の内容としては星野源という人物に大きく焦点を当てたものになっていたと思います。出演者の方も去年の「逃げるは恥だが役に立つ」で共演していた藤井隆さん、星野さん自身が興味のある人物、あるいは好きな分野から高畑充希さんや宮野真守さん、そして星野さんの人生に大きく影響を与えた人物である細野晴臣さんといった。星野さんに何らかの関連性を感じられる人選となっていました。

 特に興味深く感じた内容として源さんが好きなものをどうして好きか説明する場面が何度かあったのですが、そのときに丁寧にわかりやすく噛み砕きながらそれでも熱意を持ってお話するんです。YMOマイケル・ジャクソンと言ったスターを紹介する場面でも世代ではないからよく知らないという人のために生放送という本当に限られた時間でそこまでの配慮をしっかりとされているのはすごく好感的でした。そもそも星野源ANNでもゲームやアニメと言ったファンがあまり触れないであろう分野の話も躊躇なくする方なのでそういう意味では本当にぶれないスタンスなんだなとも感じました。

 音楽番組ということで歌を歌う場面もあったのですが普通に音源に合わせて歌うという方法を取らなかったのは見ていてお得感がありました。リクエストに答えて弾き語りをしたり生バンドに合わせて番組のためにアレンジしたものを歌うなど、緩い雰囲気に反してかなり力が入っていました。

 

 1回きりの特別番組というのが本当に惜しいくらいには面白かったのでまたやってほしいです。ちなみに星野源ANNの方も毎週楽しく聞いているのでそっちの話もいずれできたらと思っています。 

アナムネシスのリーンベルちゃんの話。

 EOEコラボが始まって早くも一週間が経ちました。皆さんはリーンベルちゃんを手に入れることができたででしょうか?私は花嫁ちゃんのほうが何度引いても来ないので少し悲しいです。

 しかし、通常リーンベルちゃんもとてつもなく可愛いですね。モデリングの完成度の高さはもちろんなんですが、個人的に感動したポイントが「しっかりと表情があるところ」ですね。

 

 3Dモデルを利用したゲームの殆どが容量や手間暇の関係で表情まで作るゲームというのはあまりありません。このSOAも初期の頃は例に漏れず表情があまり動かないゲームでした。わかりやすい証拠としてSO5から参戦のキャラは初期からのキャラなので確認するとまばたきぐらいの動きしか無いのがわかります。また、ラッシュコンボ時にイラストのカットインなのもその関係だと思っています。

 しかし、キャラが追加されるごとに3Dプレビュー時に目元が大きく動くようになったり、口元が動いたり顔を動かしたりと徐々に愛嬌のある動きが増えてきました。そして、今回のリーンベルちゃんで戦闘の部分にも反映されるようになったという感じです。その場面というのがラッシュコンボと勝利演出時になるのですが、一見の価値はあると思います。というわけで今回は動画を撮ってきましたので是非見てください!

 


【SOA】リーンベルちゃんを愛でてみた

 

 性能面の話をするとチャージアサルトが機能しない代わりにすべてのスキルがそれぞれに対応した方向に移動しながら攻撃するという特徴を持っています。なので攻撃しながら回り込んだり、設置された攻撃を回避しながら攻撃するといった応用の効く性能になっています。タレントスキルも与ダメアップに加え、標的との距離が遠いとATKに対応した攻撃の与ダメージが更に上がるという特徴を持っているためアタッカーやディフェンダー、ガンナーとの相性も良いと思います。

 

 期間限定であることやエースであることを考えるとなかなか簡単に引けるキャラではないと思いますが、狙う価値は十分にあると思いますのでお財布や時間に余裕のある方は是非引いてください。ついでにEOEも遊んでほしいです! 

 

グラブル、最近の話。

 古戦場お疲れ様でした!今回は新しい団に入って初めてということや現状最も育っている属性の1つである水有利だったこともあり、出来る限り貢献して行きたかったのですがリアルとの兼ね合いもありおもったよりも貢献度を稼げなかったのが少し悔しいところです。しかし、団全体で見ると本戦にAクラスで進出し、ある程度の結果を残すことができたのでモチベーションの高い団であることを実感することができました。次回以降も良い結果を残せるようにしっかりと結果を出して貢献していきたいと思います。

 

 さて、ただいまGW中ということでマルチ・共闘の半額やフェスと遊びやすい状態になっています。特にフェスについては開始と同時に闇カリオストロや新リミテッドでドランクの登場という事もあって期待しながらガチャを引いたのですが…

f:id:havaneroid:20170502005809p:plain

 しっかりドランクをお出迎えすることができました!しかも前回のフェスでスツルムもお出迎えしていたので傭兵コンビが揃って使えるというのはなかなか感慨深いものがあります。性能面の話をすると水属性のデバッファー兼アタッカーということで活躍の余地は十分あると思います。アルタイルと一緒に使って相手の攻防を大幅に下げるという使い方が理想的ですかね。

 育成面での今後の目標は古戦場に向けて闇を育てるか、ゼノイフに備えて水を育てるかの2択になりそうです。水はリヴァ短の上限解放はもちろんなのですが、最終上限解放をした玄武甲縋を育てたり、スラーンドの最終上限解放を視野に入れると伸びしろがあるのかなと考えています。闇はキャラは揃っているのですが、武器が全くダメという状態なのでひたすらセレマグと戦うしかないですね。しかし、セレマグはやや癖がある上に手強いので正直な話あまり戦いたくないんですよね…。

 

 あと、半額期間中にストーリー進めているのですがボスが本当に強くて早くも心折れそうです。グラブルの良いところとして未クリアのステージは失敗した場合はAP消費が発生しないので無茶が利くのは良いところだとは思います。

 

 現状の話はこんな感じです。後はアニメを2話見逃してしまった分を取り返すために都内を歩かないといけないかなとかいろいろ考えてはいますが、実行するかは怪しいですね。やっぱりゲームは家でするに限る…。

PSO2のキャラクリが楽しい話。

 数日ぶりです。予告通り記事の方を書いていたのとその他諸々で少し多忙だったので更新が滞ってました。今回は少しだけやってて放置していたPSO2で無性にキャラクリしたくなったのでしていた話でもしようかなと思います。

 そもそもなんでしたくなったかというととあるPSO2配信を見ていて、その配信主さんのキャラクターが可愛かったので自分もちょっと可愛いキャラ作りたいなと思ったという単純な理由です。

 ただ、PSO2のキャラクリは少し特殊な仕様になっているので1からキャラを作るよりも先に慣れておきたいなという意図もあって既存のキャラをいじってました。そんなこと言っても元のキャラだって十分可愛く作ってあるし弄る必要なんて無いんじゃないかとか思いながら久々に起動してみたんですけど…

f:id:havaneroid:20170501001637j:plain

ん…? そこまで可愛く…ない?

 おかしい…ぜんぜん記憶と違う…なんか軽くエイリアンみたいじゃないか…。これは徹底的に直さないといけないなと思ってここからかなり気合を入れて手直しを始めるわけですよ。ちなみに画像フォルダをあさってみるとここからまた修正前のスクショがあったので一応公開しておきます。

f:id:havaneroid:20170501002007p:plain

f:id:havaneroid:20170501002029j:plain

こっちのほうが可愛いじゃん!!どうなってんだよ!!

 

 はい。話を戻します。そもそもなんで可愛く見えないかという理由は色々あると思います。パーツの配置の悪さだとか顔の大きさとか輪郭とか。具体的にここからどう直していったかというと

  1. まず輪郭を少女らしく丸みの帯びた形にしていきます。
  2. 全体的に大きめな顔のパーツを縮小します。
  3. その後に目と口の大きさがほぼ同等になるように調整します。
  4. 調整した口の山の部分と鼻の大きさが同等になるように調整します。

と言った感じです。その結果がこちら。

f:id:havaneroid:20170501002947j:plain

 これだけでも原型から考えると十分可愛くはなったのですが、目つきがなんだか可愛くない…。和装で戦う女の子ということで凛々しさは欲しいのですが、目つきが尖すぎては元も子もない。というかクラスに一人はいる小生意気なやつみたいになってますね。ということでそこから再度目の部分を中心に修正を加えたものがこちら。

f:id:havaneroid:20170501003315j:plain

 

 どうですか!また一段と幼くなってしまった感はありますが、この真面目そうで可愛らしくてそれでまた凛々しさを感じるこの表情!!かなり理想的な形にまで近づいてきたのですが、ここまで来て気になった点が1つあって真面目な割に髪色が派手すぎるんじゃないでしょうか?というわけで髪型にも手を入れて完成したのがこちら。

f:id:havaneroid:20170501003628j:plain

 

パーフェクト…!これでどこに出しても恥ずかしくない立派なキャラの出来上がり!!早速このキャラを使ってフィールドに出てみました。

f:id:havaneroid:20170501020901p:plain

 

 うーんあざとい!大好きです。

 

 と言った感じで楽しくキャラクリしてました。普通に攻略の方もしていこうかとも思ったんですが、プレイヤースキルがだめすぎて少し悩んでます。ship1で作ったキャラなのですが、少し難易度が低いと緊急に入っても人が少ないといった印象なので新規で別shipにキャラを作って遊び直すとかになってしまうのかなと思いました。そこら辺の詳しい情報なんかもたまたま通りかかった有識者の方からのアドバイスが欲しい…

 今回はこんな感じで締めようと思います。