ゲームとゲームの沼に溺れる

中身のない日記を書いています。ゲーム大好き。

水瀬いのりと織部つばさの話。

 ここ最近でよく聞くアルバムとして挙げられる1枚に水瀬いのりさんの「Innocent Flower」があります。これは個人名義として活動を始めてから1年半の集大成と言える作品になっています。力強く繊細な歌声で作られた12曲、おすすめです。

 

 

 話は少し変わりますが、こうして声優さんを知る機会って結構限られると思っています。例えば最近注目の若手女性声優さんだとけものフレンズ尾崎由香さんだったりエロマンガ先生藤田茜だと思います。それを詳しい方はアニメやその関連書籍や宣伝放送を見て、その人の演技や個性、見た目といった部分から好きになっていくことが多いはずです。

 しかし、私はアニメを見ないので知る機会はあまりないです。名前を挙げた方も名前しかわからないですし。では、知る機会がどこにあるかといえばほとんどゲームなんです。特に水瀬いのりさんなんかは私が知った当時からだんまちやごちうさといった人気の高い作品に出演していましたが、それすら知らなかったです。それを今のようにCDを聞くまでになったきっかけが「幻影異聞録♯FE」なんです。

 

 水瀬さんが演じる織部つばさという女の子は主人公である蒼井樹くんの幼馴染として物語の最初から登場します。そして、ふとしたきっかけで芸能界にアイドルとしてデビューすることになり、そこから物語を通じて大きなステージでライブをできるような一人前のアイドルへと成長していきます。プレイヤーは樹とともに彼女の隣に寄り添い、ときには迷いつまずき、ときには落ち着きを失い暴走しそうになるつばさを支えることになります。特に物語の序盤は日常とは異なる芸能界において初めての事だらけの彼女がいかに壁を乗り越えていくかがテーマになっているので特に関わりの深いキャラクターになっています。

 そして、CDの話とリンクする話題になるのですが、つばさはアイドルとして曲を歌うのですがそれが劇中歌として何曲か聞くことができます。劇中歌はどれも良い曲でしかも劇中歌は歌っているキャラの心理描写的な側面もあるのですごく印象に残るのです。中の人たちも歌が上手なことで有名な方が揃っていて、心を込めて歌っているのも魅力的なポイントです。それで出演者の南條愛乃さんや細谷佳正さんなど以前から知っている方が多い中、水瀬いのりさんのことは全く知らなかったのです。だけどすごく良くてそれで名前を覚えたという感じです。そこから2枚めのシングルであるHarmony ribbonを現在に至るという感じです。

 それで、今回のアルバムで最も印象に残った曲が2曲めの「夢のつぼみ」です。これは1stシングルの表題曲にもなっていてアーティスト活動の原点とも言える曲だと思います。そして、曲の内容としては夢に向けてひたすら走り続けるというのがテーマになっていてサビの「まだまだまだ」と何度も繰り返す歌詞が諦めない意思やひたむきな感情を強く感じられて象徴的な部分になっています。

 この歌詞がすごくつばさとリンクするんです。つばさも倒れるときは前のめりで倒れたいと言うほど、本当にまっすぐな女の子です。そして、夢にむかってひたすら努力を重ねていることも劇中で十分伝わってきますし、それが見たくてコントローラーを握っていたのも事実です。また、序盤の劇中歌である「feel」とテーマとしては類似点があってその曲はつばさのデビュー曲ということで重ねて聞いてしまいますね。

 そして、タイトルである「夢のつぼみ」なのですが、これもゲームとリンクしている部分があって終盤のムービーで大きな会場でライブを行うシーンがあります。その曲の歌い始めが会場の真ん中にある巨大な蕾が開き、巨大な花が咲くと中につばさがいるという演出になっているんです。まさに夢の舞台で開いた大きな蕾という意味でこれもゲームを彷彿とさせる理由の1つです。


水瀬いのり『夢のつぼみ』MUSIC VIDEO


幻影異聞録♯FE 織部つばさ ライブPV 「Feel」


幻影異聞録♯FE 織部つばさ ライブPV 「Fly~君という風~」

 

なのでこの曲を聞くと幻影異聞録を思い出して感慨深くなってしまいます。そして、こうして印象に残る演技や歌を歌う水瀬さんがつばさと同様に大きな舞台に立つ日が来ることを期待せずにはいられないのです。1年前の5月に中野サンプラザで行われたライブイベントで実際に生で曲を聞けたことも大きな思い出として残っています。それ以上の経験がまたできることを楽しみにしています。

 そして、幻影異聞録#FEも1作のみで終わるにはすごく惜しい作品です。人が歴史の中で磨いてきた芸能の力が異界の脅威に立ち向かう力になるという設定ももちろんのこと夢を持って努力を続ける仲間たちとそれを支える立場だった主人公がやがて、かけがえのない存在として大成していくという純粋な若者の成長の物語としてとても良くできていると思います。是非続編が出てほしいと思ってますし、それが不可能ならばSwitchで完全版が出てくれればと思っています。ぜひお願い致します。

 

 最後に水瀬いのりさんのより一層のご活躍と幻影異聞録#FEという舞台の幕が再び上がり、フォルトナエンタテイメントの若きスターたちのステージが再び見れることを祈りつつ今日はここまでとさせていただきます。